「真紅の旗が能登の天を貫く

9月20日、金沢からローカル線を乗り継ぎ能登中島駅に。お熊甲(おくまかぶと)祭を観に行く。各集落19の末社から繰り出した神輿は、猿田彦の先導で、高さ20メートルばかりの深紅の大枠旗を従え、本社に参入し、猿田彦がかねや太鼓に合わせて境内いっぱいに乱舞する。午後からさらに盛り上がり、神社を退出する前に、本殿に神輿や旗を立てて向かっていく荒業を繰り返す。退出後は、700メートル離れた田んぼの脇に集まり、高さ20メートルの原を地面すれすれまで倒す妙技「島田くずし」の披露だ。その下を猿田彦が潜り抜ける。過去2年続きで大雨にのため中止になったので、地元の喜びもひとしおのようだった。これまでこの祭りは知らなかったが、一見の価値ありだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA