古書組合

2月28日。 今日は、石川県古書籍商組合の古本交換市の後に、年一回の総会が開催された。 皆さん味わいある顔つきなので、対面に座っている方々を練習中のアプリでこっそり描いてみた。なんか、授業中いつも教科書やノートの端っこに...

夜の図書館

2月26日。 雪が降りそうな冷え込んだ夜、前から気になっていた「夜の図書館べーる」に出かけた。カフェくわじまから徒歩10分。梅の橋を渡り、天神橋の脇の小径を入ったところにある町家にひっそりと灯がともっている。夜7時から1...

今宵は割烹?くわじま

2月24日。 今晩は、山梨、茨城のパルシステム元理事長さんたちがご来店。まるで割烹もどきの料理の数々に挑戦してみた。なお、完全予約制の「吉はし」さんの上生菓子も今回は8種類提供した。

旅好き集まれ〜

2月23日。 今晩は、旅好きが集まるお楽しみ会を夕方からカフェで開催した。カフェで私の話を聞いて来年カミーノというスペインの巡礼道を歩くことになったおゆきちゃんとの会話がきっかけで、カミーノに関心がある人たちや旅好きの友...

中島みゆきナイト

2月22日。 師匠のあうん堂では、年に数回「抱きしめナイト」というイベントを開催している。好きなミュージシャンの音楽を聴きながら、その魅力とかかわりを語り合う会のようなもの。今晩は、中島みゆきということでカフェを閉めてか...

漫画喫茶

2月16日。 常連のSさんが、ちくま文庫の「老境まんが」を持って来店された。この文庫に収録されている楠勝平さんの他の作品を読みたいとのこと。楠勝平さんは1974年に30歳で夭折された寡作の漫画家で、生前に単行本はなく、死...

文学の街

2月15日。「本の雑誌」最新号で「文学館に行こう」という特集を組んでいる。冒頭から「文学館と言えばいえばなんといっても金沢。」「石川近代文学館をはじめ、泉鏡花、徳田秋声、室生犀星という金沢三文豪の記念館、さらに金沢文芸館...

さくら貝と竜宮の使い

2月12日、春のような陽気に誘われ、西能登の増穂浦海岸へと小一時間、車を走らせた。ここは、冬の時期の海岸にさくら貝が打ち寄せられる有名なスポット。ところが、ほとんど見つからず、とぼとぼ波打ち際を歩いていると、向こうから何...

実在する町屋カフェ

2月11日の地元紙「北國新聞」の文化欄にて、角川文庫の「相続レストラン」が紹介されていた。その中で、「東山1丁目に実在する町屋カフェくわじまをモデルにしたシーンも描かれる」と案内されている。小説を読まれた方は、ぜひご来店...